なぜゲームの低品質なローカライズは生まれてしまうのか。バタフライ・エフェクトから見る問題の原因

2018年7月15日、AUTOMATONに掲載された弊社スタッフロメインのインタビュー記事を転載しています。

弊社アクティブゲーミングメディアの業務やスタッフについて、多くの人々に知ってもらうことを目的とする本企画「ローカライズ・トーク」。第2回目は5月に京都で開催されたゲーム海外展開セミナーにて、弊社スタッフであるボヴェリ・ロメインが語った「ローカライズのバタフライ・エフェクト」というテーマの講演内容について再編集し、写真を再撮影したものを掲載する。

———————————————————-

皆さん、こんにちは。ボヴェリ・ロメインと申します。出身はフランスで、年齢は31才です。フランスではゲームメーカーのUbisoftで働いていました。そして、3年前に日本にきました。今、アクティブゲーミングメディアのローカライズプロジェクトマネージャーとして働いています。基本的にビデオゲームのファンで、小さい頃からずっとゲームをプレイしてきました。小さな頃からゲームプレイして時折「このフランス語はなんかおかしいぞ?」「フランス人の翻訳者が、ちゃんと翻訳できてないんじゃない?」という疑問を抱いていました。ゲームをユーザーとしてプレイしている時は、なぜこんなにローカライズの質が悪いのかと思っていましたが、自分がローカライズに関わるようなって理由がわかりました。今日、僕の意見として、ローカライズが悪くなる一番と思われる原因を話したいと思います。

ローカライズのバタフライ効果

バタフライ効果とは、あらっぽく言ってしまえば、要するに取るに足らないことから予想外の変化が起こることです。蝶が羽ばたくという些細なことから連鎖反応が発生し大事になってしまうという流れですね。ではバタフライ効果がローカライズとどう絡んでくるのか。そこを説明したいと思います。

ローカライズは基本的に長期の開発プロセスの終盤にするものです。プロセスを大きく分けると、最初にゲーム開発が存在します。デザイン、シナリオ、プログラミングなどさまざまな分野がありますが、この場では開発という言葉に集約しましょう。そこに、パブリッシャーのマネジメントが絡んできます。基本的には、パブリッシャーにはもっともパワーがありますよね。マーケティングの方法や発売日を決めたりします。予算を決めたり、開発期間を決めたりもします。パブリッシャーは、品質のことも考えますが、優先順位としてはリリース日、予算がオーバーしないかなどを気にしますよね。その後、ローカライズがあります。ここでローカライズの登場ですね。

ローカライズは、通常は開発やパブリッシャーと別の会社がおこないます。ここからが、アクティブゲーミングメディアのローカライズ部の仕事ですね。ローカライズ会社は、開発会社やパブリッシャーから翻訳の依頼を受けて納品するという形になります。ローカライズのプロセスは2つあります、翻訳と言語デバッグです。言語デバッグとは、英語でLQA(Linguistic Quality Assurance)といい、翻訳された言語が実際ゲームの中でどうなるかを確認します。具体的には、表示の問題や間違いなどを確認します。翻訳とLQAは両方とも重要です。一般的にはこれらのプロセスを終わらせるには、2~3か月かかります。開発よりは、とても短いですよね。翻訳と言語デバッグが終われば、製品を開発会社やパブリッシャーに納品します。

そのあと、製品はコンソールメーカーのテストのようなものを受けます。コンソールメーカーは、皆さんご存知のとおり、任天堂、ソニー、マイクロソフトで、コンソールメーカーがゲームを確認して、品質に問題がなければリリースできる状態になりますよね。それで、無事リリースできれば、パブリッシャーはハッピーになります。しかし、このプロセスの中で、序盤の工程で問題が起きるとローカライズにも影響がでてきます。

まず、開発に遅れが出た時にローカライズに及ぼす影響という事例から考えてみましょうか。一般論として開発期間は2~3年と考えましょう。ある機能の実装が難航し、1か月の遅れが出たとします。開発が遅れるのはよくあることですよね。パブリッシャーも困りはしますが、3年を費やしてきたゲームを1か月のばしたことにより完成度が上がるなら、コストは増えるものの、了承することが多いですよね。

1か月の遅れが引き起こすもの

しかし一方で、開発を1か月のばしても、リリース日はずらしたくないのも本音です。予算を追加せずスケジュールを延期できないとなると、どこかのプロセスを縮めなければならない。そこで短縮の対象となるのが、ローカライズの作業です。ローカライズ作業はまだスタートしていないにもかかわらず、最初から1か月のカットした状態でスタートすることになります。作業時間はカットされたのに、納期は一緒だとなると、作業は圧迫され作業員を増やすしかなくなる。ローカライズにおいて、必ずしも人数をかけることが高品質につながるとは限らない。人数を増やすと納期は間に合うが、品質は適当になってしまい、結局品質の低下につながってしまう。

そして開発遅延は、作業時間の短縮だけでなく、準備不足にもつながります。開発の遅れによって発しする準備不足とは、グロッサリー(用語集)、キャラクターの説明、スタイルガイドや表示などがない状態に陥ることです。資料がないにもかかわらず、翻訳のテキスト(エクセルファイル)が送られてくる。そのファイル内で何も説明がないと、どんなシーンで、誰が誰に話しているのか全く分からないので、ニュアンスを汲み取るのがとても大変です。ひとつひとつ想像しながら、翻訳をしていかないといけない。

ゲーム内にはテキストボックスというものがありますが、開発の準備期間がない場合には、外国語をいれた時にどうなるかなどが考えられていない。フランス語やドイツ語の長い文章を、テキストボックスの中にいれるために無理に短くするので、不自然な言葉になったりもします。また言葉の中にコードも入っていたりする時もあり、その場合にはコードの説明がなければここも推測で言葉を入れていなければならない。そして推測する時間が増えると、翻訳する時間が削られていくんです。

なんとか翻訳を終わらせると、次はLQAに入るのですが、ここでもスケジュールの遅れからLQAをやる時間が削られていく。LQAはゲームの全てをチェックしないといけないので、時間がかかります。そして時間がないので、結果的にまず大きな問題からみていき、小さい問題はあまり多くないことを祈るしかないという流れになってしまいます。結果として、ベストは尽くしたものの、品質は保証できないという状態で終わりました。

結果的に、コンソールメーカーの品質の基準を満たさず、再提出となってしまいます。そして時間をかけて作った、恐れていたはずのゲームのリリースの延期へとつながってしまうんです。幸運にもコンソールメーカーの基準を満たしリリースできても、それでよかったという形で終わるわけではないです。今はSNS全盛時代なので、そこでクレームが発生するとシェアされ、問題が浮き彫りになりやすくなります。最終的にはパブリッシャーが謝罪し、修正パッチを制作することになりますよね。コストはまた増加します。私達自身も、ローカライズ会社としての信用が低下します。みんが不幸になる結末です。

単なる1か月遅延が、ここまでの影響を及ぼすこともあるわけです。これはある意味では、バタフライ・エフェクトと言えるのではないでしょうか。パブリッシャー側は予算と納期を重要視していますし、開発やローカライズ側は品質を最重要視しています。すべてを同時に追い求めると、達成が怪しくなるかなと思います。この例でいうと、僕の意見としては、個人ではなく全体の問題だと思っています。全員で状況を把握し、対応策を探せば違う結果になったでしょう。適切なタイミングで正しい意思決定をするのが重要でしょう。プロジェクトに参加している全員が、常に状況を把握する。当たり前ですがとても大事なことです。こうした流れをあたまにおいて取り組むと、みんなが大好きなゲームを、高品質でリリースできるようになると思います。ご清聴ありがとうございました。

 

Tips and Tricks to Localize Your Video Game To Japanese

Any gamer older than 15 years or so, would be familiar with the hundreds of screenshots that show how terrible the localization of Japanese games into English has been since the inception of the video game industry.

Yes, we are referring to gems such as:

– All your base are belong to us

Zero Wing. Taito Corporation

– A winner is you

Nintendo Pro-Wrestling

– This is not enough Golds

Faxanadu. Hudson Soft

We’ll leave it here because there are many more examples. However, as a video game developers and publishers, we feel it’s sad that this broken English infamy doesn’t come from indie developers, who cannot afford costly localization, but from publicly listed companies that in some cases have hundreds of millions in cash.

With that said, while the Western media and internet has always made fun, and even adopted, such poor video game localization examples, we have never been aware of how chucklesome Western games be when played in Japanese… And this is also something which more often happens in big-budgeted games, rather than indies (which often are localized into Japanese by fans who love the video game, or localization agencies like ourselves).

We’ll just leave a tiny gem that is still available on PlayStation 4 today:

-If you’re gonna drive, take a Shinagawa number car… Wait… Shinagawa!?

Destroy All Humans!

So yes… the Japanese internet also has good reason to make fun of youge (洋ゲー), as they like to call the Western games.

And now, let’s get straight to the point. In case your company doesn’t have a team of Japanese experts to localize your game, what steps should you follow in order to guarantee your game is going to be fully enjoyable by a Japanese player?

1. Start with the localization

Generally, game publishers tend to subject localization to a successful release in the main target country. Thus, if the game has made enough money in the United States or Europe, part of these funds will be used to launch a localized version. Another scenario is the opposite: when the game doesn’t make enough money in the target market and the company says, “hey, let’s localize into Japanese and see if we can recoup the investment there” …

In either case, localization starts after the game has been already published, and this is one of the main errors, for localization is better, faster and cheaper when planned for from the beginning. The reasoning behind this is that a scrupulous preparation of the text files is key to guarantee, if not a flavored localization (thing quality bar is usually set by the linguistic skills of the main translator working on the project), a good preparation of the files means the game will have higher chances to be glossary consistent.

Unfortunately, having three different terms for one single item (pistol, revolver and gun for the same weapon in Unchart… well, in an extremely famous game) is just an example of how basic mistakes can make the player feel absolutely lost and confused when playing poorly localized games.

The translations involved might be great, but poor preparation of files and assets can bring everything down.

2.  Understand and embrace the particularities of Japanese

“A successful localization”, usually means the player doesn’t even feel the game has been localized. No matter how good the base translation is, there are two points which are absolutely critical to making the game feel natural: the chosen font and the graphic text.

These two features absolutely need to be chosen (font) and designed (graphic) by a Japanese specialist.

Choices between different alphabets (Kanji, Hiragana and Katakana) can make a single sentence imply different meanings, so this must be always decided by a Japanese expert.

3.  Culturalize the game…but not too much

Culturalization is a mantra most of the localization gurus repeat, however selling a video game is not the same as selling a washing machine. It has to feel natural and unforced. Thus, unlike in the example above with Destroy All Humans!, geographical names or proper names should never be localized, and they should always remain in their original form.

The point we always recommend in culturalization is the use of slang or dialects. If one of the characters in the game talks in a peculiar way or uses slang, it’s always interesting to translate it into one of the many Japanese localisms. Most of the publishers like to introduce some Kansai dialect when necessary into their games, but there are many more options. Games localized to Japanese in the West still don’t fully utilize the current Japanese slang, which is so rich, and evolves at a faster pace due to the possibilities with the Katakana alphabet.

4.  Rely on a company which can handle the implementation of the Japanese into the source code

This is one of the most common mistakes: Western companies often expect non-Japanese speakers to implement Japanese text files into their games. At Active Gaming Media we’ve made similar mistakes in the past, but fortunately now we can do all the text implementation by experts that understand Japanese.

This means the staff implementing the Japanese text into the game can see if there are any major problems (overflows, garble characters, terminology inconsistencies…) in a glance.

5. UI matters!

Japan follows a different doctrine of aesthetics in almost any imaginable design field, but still video game is one of the most rigid genres when it comes to user interface. Japanese gamers simply won’t accept a UI they’re not used to. This is something which can’t be stressed enough, and we would even include the Tutorial system in here, but adapting the tutorial might be too costly for low-budget projects, so let’s just focus on the UI.

As much as Japanese players accept motley texts and crowded menus, they get stressed easily when the content of each menu is different from what they are acclimated to. Compare the inventory system of Dark Souls to that of Far Cry 3 and the difference is clear.

Indeed, the use of kanji characters will save us plenty of space in comparison to the English menu, so in some cases it’s worth blending menus and showing more in less space.

This is an important decision, which should always be made by a Japanese expert.

6. Tools matter too!

Do rely on translation technology in order to assure the terminology is consistent.

At Active Gaming Media we like to work with different versions of Trados, MemoQ, as well as in-house developed tools, however other localization companies have other preferences and all are acceptable… if they provide you to access to tools and glossary databases!

A translator is a craftsman, but the result of her job must be handled by technicians and secured by technology.

If you rely on technology from the beginning, all the text and game updates will be done safely, even as the staff working on the game changes.

7. Ask a Japan-based company to help with the Quality Assurance

Linguistic QA is the ultimate barrier which ensures high quality work. There are many QA and testing companies doing Japanese QA overseas, but you have to work with a company which puts Japan first, or a company which is based in Japan.

This can be extrapolated to any other market, and the reason for it is quite straightforward: The best Japanese QA testers are in Japan.

8. Give the boys a chance to familiarize

Being the last link in the video game development chain, localization often takes responsibility and bears the burden of the delays at other stages, such as development. Rather than delaying a release, any publisher will likely choose to shorten the localization schedule in an attempt to meet its deadline.

But the fact is, the same way a translator needs to read a novel until the end before attempting to translate it, the localization staff needs to clear the game they intend to localize. They need to know where every single hidden item is, as well as the background story and the characters. All the time spent in the familiarization process (3 or 4 days), will be saved during localization, and it is likely that the quality of the work will also be more satisfactory.

The above is not a guide to localize video games into Japanese, but as a video game localization vendor and game publisher, we feel these important tips are often ignored, and have big impacts on the final result.

For more information on video game localization, visit our website or send us an email!

www.activegamingmedia.com

contact@activegamingmedia.com